不動産会社を先に選べば 住まい選びがラクになる

PRODUCED BY RECRUIT

日本海側を代表する交通の要衝、新潟

新潟市は本州日本海側唯一の政令指定都市で、北区、東区、中央区、江南区、秋葉区、南区、西区、西蒲区の8つの区に分かれています。上越新幹線の終点である新潟駅と新津駅を中心に、東北・北陸への特急列車や快速列車、寝台列車などが多数あり、また、県内外各地への高速バス路線も豊富です。
一方、市民の足としての交通網はJRと路線バスが中心になっており、運行本数も比較的少なめになっています。中央区などの都心部以外では、郊外型の大規模小売店も多くなっていますから、マイカーがあった方が便利に暮らせるようです。
信濃川沿いのエリアにはタワーマンションも
豪雪地帯・新潟の冬の暮らしは?

新潟市(新潟県)の不動産会社・不動産屋

新潟市の不動産会社検索結果です。
各会社の連絡先が知りたいときは、「詳細はこちら」をクリック。住所や電話番号などのアクセス情報のほか、取り扱い物件例など詳しい情報がチェックできます。

ピックアップ物件

    • 4.5万円
    • 管理費:3000円
    • 1LDK
    (賃貸)
    • 礼金(敷引・償却金):-
    • 敷金(保証金):-
    • 新潟県新潟市江南区西町3
    • JR信越本線/亀田駅 歩8分
    • 6.8万円
    • 管理費:-
    • 2LDK
    (賃貸)
    • 礼金(敷引・償却金):-
    • 敷金(保証金):8万円
    • 新潟県新潟市江南区荻曽根2
    • JR信越本線/亀田駅 歩21分
    • 4.95万円
    • 管理費:1500円
    • 1K
    (賃貸)
    • 礼金(敷引・償却金):4.95万円
    • 敷金(保証金):-
    • 新潟県新潟市江南区城所1
    • 新潟交通/亀田NTT前 歩9分
    • 6万円
    • 管理費:2500円
    • 2LDK
    (賃貸)
    • 礼金(敷引・償却金):-
    • 敷金(保証金):-
    • 新潟県新潟市江南区横越川根町1
    • JR信越本線/荻川駅 歩61分
  • 横越東町1(荻川駅) 1780万円・1880万円

    • 1780万円・1880万円
    • 4LDK・4LDK+S(納戸)
    横越東町1(荻川駅) 1780万円・1880万円
    • 築年数:2020年6月下旬予定
    • 土地面積:116.94㎡・116.95㎡
    • 建物面積:100.03㎡・102.05㎡
    • 新潟市江南区横越東町1
    • JR信越本線「荻川」歩71分
  • 横越中央5(荻川駅) 1880万円

    • 1880万円
    • 4LDK
    横越中央5(荻川駅) 1880万円
    • 築年数:2020年2月中旬
    • 土地面積:131.67㎡
    • 建物面積:100.03㎡
    • 新潟市江南区横越中央5
    • JR信越本線「荻川」歩64分
  • 茜ケ丘(亀田駅) 2680万円

    • 2680万円
    • 4LDK+S(納戸)
    茜ケ丘(亀田駅) 2680万円
    • 築年数:2019年7月下旬
    • 土地面積:152.4㎡
    • 建物面積:101.85㎡
    • 新潟市江南区茜ケ丘
    • JR信越本線「亀田」歩50分
  • 北山(亀田駅) 1680万円~2080万円

    • 1680万円~2080万円
    • 4LDK・4LDK+S(納戸)
    北山(亀田駅) 1680万円~2080万円
    • 築年数:2020年3月上旬
    • 土地面積:100.48㎡~111㎡
    • 建物面積:90.72㎡・103.68㎡
    • 新潟市江南区北山
    • JR信越本線「亀田」歩20分

信濃川沿いのエリアにはタワーマンションも

新潟市では、中心市街地である中央区に最も人口が集まっています。近年再開発が進んでいる中でも特に人気なのは、新潟市の象徴ともいえる信濃川沿いのエリアです。川沿いの遊歩道「やすらぎ堤」は、春には桜並木が美しく、夏は花火大会も望める名所のひとつ。地理的に台風の影響などが少ないことも手伝って、近辺には続々とタワーマンションが立ち並んでいます。
また、日本海と信濃川、関屋分水に囲まれた通称「新潟島」と呼ばれる一帯は、新潟市役所なども所在する市の中心部。この新潟島の西側には、バスの便がよく、教育などの環境も整っていることで知られる住宅地、関屋地区があり、不動産物件を探す人が多い人気エリアとなっています。

豪雪地帯・新潟の冬の暮らしは?

新潟市の中では、中央区のほかにも、新潟大学のキャンパスが所在し、早くから都心部のベッドタウンとして開発されてきた西区、空港や港など交通の要衝を抱え、住宅地にスーパーが多い東区などが人気のエリアとなっています。
新潟といえば、冬は雪深く、気候の厳しいイメージかもしれません。しかし、新潟市内なら真冬でもあまり不便がないようです。街中は除雪設備などもしっかりしていますので、車の装備や足下に気をつければ問題なく暮らせるでしょう。物件探しの際には、防寒・防雪対策がどのようになっているかを、不動産会社に確認しておくことも大事です。

周辺のエリアから探す

↑ページの先頭へ戻る

スマッチに掲載希望の方はこちら