不動産会社を先に選べば 住まい選びがラクになる

PRODUCED BY RECRUIT

新宿まで15分!便利なのに自然がいっぱい

調布市は、地図で見ると東京都のちょうど真ん中あたりに位置しています。東に世田谷区と狛江市、北に三鷹市、西に国立市、南には多摩川を隔てて稲城市と神奈川県川崎市があります。この位置関係からも、都心方面のみならず川崎・横浜方面にも近いということがおわかりでしょう。
都心からは20km圏内で、京王線特急で新宿まで15分程度の便利さ。京王相模原線は、調布駅から南下して多摩川を越え、小田急線やJR横浜線にも連絡します。マイカーでも、市の中央を横断する中央自動車道をはじめとして甲州街道などの道路が整備されて久しく、各地へのアクセスは良好です。また市内北部にある調布飛行場には、伊豆大島・新島などの離島への便が就航しています。
歴史を今に伝える調布市
関東有数の名刹から妖怪検定まで

調布市(東京都)の不動産会社・不動産屋

調布市の不動産会社検索結果です。
各会社の連絡先が知りたいときは、「詳細はこちら」をクリック。住所や電話番号などのアクセス情報のほか、取り扱い物件例など詳しい情報がチェックできます。

ピックアップ物件

  • カハレア調布

    • 10.9万円
    • 管理費:8000円
    • 2LDK
    カハレア調布(賃貸)
    • 礼金(敷引・償却金):10.9万円
    • 敷金(保証金):10.9万円
    • 東京都調布市飛田給1
    • 京王線/飛田給駅 歩2分
  • アーデンコートつつじヶ丘

    • 7.1万円
    • 管理費:8000円
    • 1K
    アーデンコートつつじヶ丘(賃貸)
    • 礼金(敷引・償却金):-
    • 敷金(保証金):-
    • 東京都調布市若葉町3
    • 京王線/仙川駅 歩16分
  • カハレア調布

    • 13万円
    • 管理費:8000円
    • 2LDK
    カハレア調布(賃貸)
    • 礼金(敷引・償却金):13万円
    • 敷金(保証金):13万円
    • 東京都調布市飛田給1
    • 京王線/飛田給駅 歩2分
  • カハレア調布

    • 12.7万円
    • 管理費:8000円
    • 2LDK
    カハレア調布(賃貸)
    • 礼金(敷引・償却金):12.7万円
    • 敷金(保証金):12.7万円
    • 東京都調布市飛田給1
    • 京王線/飛田給駅 歩2分
  • 西つつじケ丘1(つつじヶ丘駅) 4680万円・4880万円

    • 4680万円・4880万円
    • 3LDK+S(納戸)
    西つつじケ丘1(つつじヶ丘駅) 4680万円・4880万円
    • 築年数:2017年12月上旬
    • 土地面積:86.69㎡(26.22坪)
    • 建物面積:69.32㎡(20.96坪)
    • 調布市西つつじケ丘1
    • 京王線「つつじヶ丘」歩13分 京王線「柴崎」歩17分 京王線「仙川」歩24分
  • 西つつじケ丘2(つつじヶ丘駅) 8500万円

    • 8500万円
    • 5LDK
    西つつじケ丘2(つつじヶ丘駅) 8500万円
    • 築年数:1986年3月
    • 土地面積:165.29㎡(登記)
    • 建物面積:174.8㎡(登記)
    • 調布市西つつじケ丘2
    • 京王線「つつじヶ丘」歩9分 京王線「仙川」歩18分 京王線「柴崎」歩20分
  • クレアガーデン調布が丘

    • 3590万円
    • 2LDK+S(納戸)
    クレアガーデン調布が丘
    • 築年数:2000年11月
    • 専有面積:68.36㎡(20.67坪)(壁芯)
    • 調布市調布ケ丘3
    • 京王線「調布」歩12分
  • 【売主】東京都調布市深大寺北町2丁目 土地 全8区画

    • 3080万円~3980万円
    【売主】東京都調布市深大寺北町2丁目 土地 全8区画
    • 土地面積:160㎡・163.48㎡
    • 調布市深大寺北町2
    • 京王線「調布」バス9分調布市総合体育館前停歩4分
  • 【売主】調布市深大寺北町2丁目 土地 全8区画

    • 3080万円~4080万円
    【売主】調布市深大寺北町2丁目 土地 全8区画
    • 土地面積:160㎡~163.48㎡
    • 調布市深大寺北町2
    • 京王線「調布」バス9分調布市総合体育館前停歩4分

歴史を今に伝える調布市

飛鳥時代の租税制度「租庸調」。このうち、土地の特産物を税とする「調」のうち、布を納めるものが「調布」と呼ばれました。調布市の名はこれに由来しています。市内には今も布田や染地など、布に関連した地名が残っており、この地が長らく布を名産としてきたことがわかります。
江戸時代には、江戸と諏訪を結ぶ甲州街道が重要な交通路として整備され、調布の国領などに宿場が設けられて、布田五宿に制定されました。1834(天保五)年には、新選組局長となった近藤勇がこの地に生まれ、その生家跡が保存されています。こういった豊かな歴史を今に残す史跡や博物館が市内に多数あり、休日のお散歩ルートには困りません。

関東有数の名刹から妖怪検定まで

調布の名所として真っ先に名前が挙がるのは、深大寺。都内では浅草寺に次ぐ古寺であり、関東有数の名刹として知られ、有名な深大寺そばもこの付近の名産です。一方、漫画家の水木しげる氏が居住していることから、調布市では「妖怪検定」の開催も。また、市を挙げて味の素スタジアムを本拠地とするFC東京を応援する活動も行われています。
都心まで15分という便利な場所にもかかわらず、調布は緑深い自然と文化に抱かれた街。古くからある農地の豊かな光景とともに、落ち着いた住宅地が広がり、また通勤に便利な場所であることから市内全域にマンションが建てられています。不動産会社に相談すれば、理想的な暮らしに巡りあえるかもしれません。

周辺のエリアから探す

↑ページの先頭へ戻る

スマッチに掲載希望の方はこちら